ほくろ除去の方法あれこれ

 

こんにちは!ほくろ除去もぐさ販売店の店主です。

ほくろ除去のもぐさを販売し始めて20年以上が経過します。

おかげさまで、10000万人以上のほくろを除去し(クレームゼロ件!)、ほくろについてもいろいろなケースを学び、知識を増やしてきましたので、殆どの方のお悩みを解決することができるようになってきました。(取れないほくろもありますので、それがわかっている場合は決して販売を推奨していません。)

そろそろ本題へ・・・

 

ほくろ除去の方法は様々です。

最近ではネットの普及により様々な情報が錯綜しています。

ネットのクチコミでの評判、評価は情報が豊富すぎて整理ができないという方も数多くいることでしょう。

ほくろを取る方法は意外に多く方法が存在するので、予算、効果、除去後の痕など気になるポイントを除去方法ごとにまとめてみました。

それぞれの特徴により、メリット、デメリットが異なります。

こちらのサイトでは「ほくろ除去専用のもぐさ」を販売していますので、もちろん「もぐさ」での除去方法を手順と合わせてお伝えしますが、それ以外でもほくろ除去の方法は様々存在しますので、その他の除去方法も是非参考にしていただき、もぐさ以外でもご自身にあった方法がありそうであれば、そちらをお試しになって頂ければ幸いです。


私自身が子供の頃に悩んでいた「ほくろ」

そんな同じ悩みを抱えている皆様がほくろをきれいに取ることによって、前向きな明るい未来を手にされることを心より願っております。

 

「ほくろ」の画像検索結果

ほくろ除去の方法は千差万別!あなたに合った方法がきっと見つかります。

  • ほくろ除去専用のもぐさ
  • Qスイッチヤグレーザー
  • くり抜き法
  • ほくろ除去クリーム
  • 凍結療法
  • 切除縫合治療法
  • 炭酸ガスレーザー
  • 電気メス

実はまだこれだけではないんです。

このサイトでは、随時ほくろ除去の様々な方法を追加していきますので、ご自身にあった方法を見つけてください。

それぞれの特徴はこのサイトでも紹介をしていますので是非参考にしてみてください。

ほくろについて勉強しよう!

ほくろとはそもそもどういう存在なのかを知っておきましょう。
もちろん知らなくても除去はできますが、より自分に合った方法を探し当てるために役立つかもしれません。(ちょっと長いので、気が向いた方だけご覧ください)

ほくろは皮膚の色素をつくるメラニン細胞からできます。

大きさでいえば、直径0.1mm~3cmを超えるものまであります。

ほくろについては、ほとんどの場合は幼児期から青年期にかけてできます。

また大人になってもほくろが次々と増える人もいます。

女性の場合、ほくろはホルモン量に対応して変化するので、妊娠中は増える、大きくなる、色が濃くなるなどの変化がみられます。

通常、一度できたら自然には消えません。

皮膚の色が薄い人では、主に日光にさらされる部分にできるという特異性があります。

ほくろは通常、かゆみや痛みを伴うことはなく、癌化することもありません。

しかし、外観は、メラニン細胞が癌化してできる悪性腫瘍である悪性黒色腫によく似ていますので、疑わしい場合は切除して顕微鏡で調べなくてはなりません。

ほくろが大きくなったり、縁の形がいびつである場合、色が濃くなる、色むらができる、出血する、その部分の皮膚が損傷を受ける、かゆみがある、などの変化がみられる場合は、悪性黒色腫のおそれがあります。チェックのための検査を受けることをお奨めします。

ほくろが癌性であることが判明したら、その周囲の皮膚を手術で切除する必要があります。

しかし、ほくろのほとんどは無害ですので心配はありません。

見た目や位置によっては、魅力的だとみなされることさえあります。

外観を損ねると思われるほくろや衣服でこすれてヒリヒリする部位にできている場合は、局所麻酔による手術で切除できますし、今では多くのほくろ除去の方法(ほくろ除去専用のもぐさ、ほくろ除去用のクリーム など)が発達していますので、様々な情報を活用して適切な除去の方法を選択しましょう。

日光は、異型性ほくろの発生や性状の変化を助長します。子供のころに普通に日にあたるだけでも、数十年後に悪性黒色腫が発症するリスクが高まります。

ですから、生まれつき皮膚の色が白い人や異型性ほくろがある人は、日光にあたるのを避ける必要があるとも言えます。

日光にあたる場合は紫外線をどの程度防げるかを示す数値(SPF値)が高い日焼け止めを使用してください。

このように一言で「ほくろ」といっても実際には様々です。ほくろ除去をお考えの方は、ぜひ当サイトでほくろ除去の方法を学ぶとともに、ほくろそのものに関しても学んでいただければ幸いです。

失敗のないように慎重にほくろ除去の方法を学び、実践して下さい。

ほくろ除去の先には明るい未来が待っている!