ほくろと癌は関係あるの?

ほくろが、皮膚癌と関係があるというのは、たまにネットなどで目にします。実際には、ほくろが癌に変わるかどうかは学術的な見解はないのですが、見た目がほとんど同じなので、混同されがちなのが「皮膚癌」です。

2015y06m05d_183815932

皮膚癌の中の、基底細胞癌は、年を増すごとに大きくなっていきます。早期発見をして治療をおこなわないで、ずっと放っておくと、筋肉や骨まで広がってしまうあ可能性が高いです。基底細胞癌は、紫外線ややけどが引き金となることがあります。また、メラノーマというものは、進行が早く、転移しやすい癌なので、これも怖い病気です。特にほくろと間違えやすい癌のひとつです。

ほくろと区別のしにくいメラノーマの発生率は、白人のほうが高いというケースがあるそうです。メラノーマが発生する原因は不明とされていますが、紫外線が影響していると見られています。紫外線が強い地域に住む人のほうが、発生率が高いようです。紫外線対策は、肌にもよくありませんし、若いうちからケアをしておくようにしましょう。

皮膚癌は、普段から刺激を受けやすい部位にできると言われています。足の裏、手の平など、接触することが多いところや、衣服が当たったりするところということです。また、外傷を受けたところにも出来るといわれています。
メラノーマは、転移が早いのが特徴です。リンパや血液に癌細胞が入り込むと、すぐに全身にまで広がってしまいます。意外ですが、非常に怖いということです。そうならないためにも、早期発見が重要です。日ごろから、ほくろに見えるが他のほくろと比べ違和感がないか、新しいほくろができていないかなど、気にしておきましょう。早期に発見して、初期段階に治療をおこなえば、手術でほとんど治ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です