今回はカソーダについてのお話

カソーダでほくろが取れるというお話は本当なのか?

 

私たち家族は長年の間、ほくろ除去専用のもぐさを販売してきており、これまで10,000人を超える方々のほくろを除去してきました。

おかげさまで2017年11月現在でもクレームの件数はゼロ件です。
ここで間違ってご理解していただきたくはないのですが、クレーム件数ゼロ件という事は、すべてのほくろを消したからではありません。

取れないほくろであるとわかった場合には、絶対に販売しないというルールの中で運営をしてきているからです。

さてここで本題です。

カソーダというもので、ほくろが本当に取れるのかどうかという事です。

私たちは残念ながらカソーダを使ったことはないので、効果については明言できかねますが、ただ、ほくろ除去もぐさと同様に「カソーダでもほくろが取れた」というネット上の記事を目にしますので、やはりそれなりに効果はあるのだと思います。

 

ほくろ除去に使われることもあるカソーダ画像

 

【カソーダの作り方】

重曹   +   ひまし油

 

たったこれだけ?

って思われる方も多いでしょうが、実際に成分を持てみたところ、本当にそうでした。

 

本題です。

 

カソーダでほくろが除去できるのか?本当にほくろが取れるのか?

それでは本題です。

実際に使用したことはないですが。長年ほくろ除去に関係してきたものとしては、ほくろ除去用のもぐさと非常に近い効果があるのではないかと思っています。

もぐさの場合は、ほくろの上にもぐさを置き、数回に分けて熱を加えてほくろを乾燥させ、通常の肌とほくろを切り離してしまい、最後には剥がれてしまうという効果があります。

ただし、熱の加え方が、普通のお灸ではできない、ほくろだけが取れて、通常の肌は火傷しないという絶妙な温度を実現しているとともに、その中に含まれる薬草の成分が肌に浸透し、通常肌のケアにも一役買っているというものです。

ほくろが取れるという意味では、カソーダももぐさを同じような過程を経ていると言えます。

熱は加えないにしても、ほくろのみを剥がしてしまう成分をほくろに塗るという部分ではもぐさに似ています。

レーザー除去はあくまで、西洋的ですよね。

無駄なものはメスで切ってしまおうという考え方です。

もぐさは完全に東洋的な考えに基づいています。

ほくろを取りたいという効果を得るために、周りの肌をケアしつつ、結果としてほくろが剥がれるという流れです。

カソーダはといえば、東洋と西洋の間のような存在かと思っています。

 

結論

結果としてはカソーダでもほくろは取れます。

ですが、ほくろの下や周囲の通常の肌への負担がないかと言えば、少なくともあると思っています。

ほくろは取れるが、その周囲の元々何もなかった通常の肌に影響が出ないかどうかが一番気になる点ではあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です