ほくろってそもそも何?

ほくろは、人間誰にでもあるものです。平均すると、だいたい一人当たり10個程度のほくろがあるといわれています。私の個人的な意見としてはそれよりももっとあるように思います。

ほくろには、いろんな種類があります。大きなものや、出っ張ったもの、ちょっとした点のような小さなものまで。色も黒いもの、茶色いもの、なかには肌色のものもあります。

ほくろは、実は医学用語ではありません。医学的な正式名称では色素性母斑または、母斑細胞母斑と呼ばれています。母斑とはあざを意味します。性質としては同じものなのです。1cm以上のほくろの場合は、大きすぎるためにアザと呼ばれます。こういった大きなほくろは、後から出来たものでなく、生まれつき存在する母斑であるケースが多いようです。

ほくろは、3つのタイプにわけられます。表皮と真皮の境界部で母斑細胞が増えているタイプ 、境界部と真皮の両方で母斑細胞が増えているタイプ、真皮内で母斑細胞が増えているタイプです。ほくろは母斑色素細胞というメラニン色素を持つメラノサイトという細胞の増殖によってできる良性の皮膚病です。ほくろは、幼児期にできた表皮と真皮の境界部で母斑細胞が増えるタイプのほくろと、境界部と真皮の両方で母斑細胞が増えるタイプのほくろが、大きくなるにつれて真皮内で母斑細胞が増えるタイプのほくろへと変化していくようです。

ほくろの特殊な仲間として蒙古斑があります。蒙古斑は生後~1ヶ月の間に青いアザがおしりや太ももなどに現れるものです。一般的には小学生ぐらいになると自然に消えていきます。少し心配になってしまうかもしれませんが、大丈夫です。日本人をはじめとした黄色人種や黒人に現れることが多く、白人にはめったに見られないといいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です