炭酸ガスレーザー治療

ほくろの内部にある水分に反応するレーザーを使ってアブレーション(=蒸散)する方法です。

ほくろの状態を確認し、浅いほくろは浅く、深いほくろは深くレーザー治療することができます。

レーザー治療の中では比較的再発が少なく、アフターケアをしっかり行えば、レーザー治療後の傷跡もほとんど分からない位にキレイになる場合がほとんどです。

レーザー治療後は少しへこみますが、その後のケアをきちんと実施すると1週間程度で平らに近づき、その後、ほくろの傷跡は徐々に目立たなくなります。

もしもテープに抵抗があって、ほくろが浅い場合は、黒い色に反応するタイプのレーザーを使ってほくろを治療することも可能です。この場合、ほくろの再発率は高くなり、複数回の治療が必要です。炭酸ガスレーザーでは口唇や目の周りのほくろも治療できます。

特に唇のほくろは傷の回復がとても早く、2週間で傷跡が分からなくなる方がほとんどです。