Qスイッチヤグレーザーとは

ほくろ除去のレーザー治療は炭酸ガスレーザー以外にもヤグレーザー治療、ルビーレーザー治療などあります。

ヤグレーザーはほくろのメラニン色素にだけ反応、ルビーレーザーは青・黒・茶の色素にだけ反応するのでほくろ除去の治療にも利用されています。

また炭酸ガスレーザーではほくろ以外の正常な皮膚を傷つける危険性があるのに対しQスイッチレーザーは色素にのみ反応するのでほくろを除去する時、ほくろの周囲の組織に損傷を与えることがほとんどないのが特徴です。

Qスイッチレーザーの欠点としては、ほくろの色素細胞のみを熱で破壊するので大きく組織の深いほくろを除去するのには向いていない点です。レザー光線が届く範囲の浅くて平らなしみのようなほくろを除去するのに適しています。

また何回か繰り返し照射するほうが有効な場合が多いです。Qスイッチレーザーをほくろに照射し、ほくろを除去すると2週間以内に表皮が剥離し、きれいな皮膚が生成され、傷跡もなくほくろを除去できるのです。

Qスイッチレーザーでほくろを除去する手順としては、まず局所麻酔を行ってからQスイッチレーザーをほくろに照射し、メラニン色素を破壊、ほくろを除去します。

術後はほくろを除去した皮膚が赤くなりかさぶたとなって1~2週間で剥がれ落ちます。ほくろのあった部分が一時、色が濃く場合があるものの、時間の経過ととも自然な状態にもどり、ほくろ除去のあとは分からなくなっていきます。

ほくろ除去の手術のあと軟膏を塗り、テープを貼って極力、紫外線を防ぐように注意するのが大切です。

また、Qスイッチヤグレーザーはほくろだけではなく、しみやタトゥーを除去することが可能です。