凍結療法は、ほくろを凍らせて(冷凍させて)除去する方法です。
ほくろを冷凍させて除去してしまう手術法ですので、冷凍手術ともよばれることもあります。

この方法はほくろの除去以外でも、いぼの除去によく使われる方法で、傷が残らない(残りにくい)という大きなメリットがあります。他にもこの療法には確実性が高いことや短時間で治療が終わるというメリットもあります。

凍結療法の具体的な治療方法ですが、まず、ドライアイスやマイナス196℃の液体窒素を綿棒に含ませたものをほくろに当てて凍らせます。数回これを繰り返してほくろを凍らせてしまい、ほくろを壊死させてしまうわけです。

凍らせたほくろは何日かの後に血豆のような状態になり、やがてかさぶたのようになって取れてしまいます。

この凍結療法には傷跡が残らないなどというメリットがあるわけですが、デメリットが全くないわけではなく、ほくろを冷凍させるわけですから、治療時には痛みを伴ってしまいます。

痛みに強い人もいれば弱い人もいるし、場所によっての感じ方も人それぞれではあると思います。短時間で終わるとはいえ、いずれにしても痛みはない治療法がよいにこしたことはありませんね。

冷却と加熱という意味では当サイトがお奨めしているほくろ除去専用のもぐさと同じ効果があり、ほくろ除去に至るということではないでしょうか。

凍結療法ともぐさと両方に共通して言えることですが、ほくろにピンポイントでダメージを与え、ほくろのみを自然な形で取り除くという手法で、レーザーやその他の除去方法に比べると、周囲の肌に影響を与えにくいという意味で、処置後の治りが早いのではないでしょうか。