高周波を利用した電気メスでほくろの組織を削り取ります。

深く掘るように削ればくりぬき法と変わりませんが、浅く削ると傷の治りが早く、へこんだ傷も残りません。

ただしほくろの削り方が浅すぎると再発することがあります。

組織を取って病理検査を行うことも可能です。

5mm から 6mm くらいまでのホクロがこの方法に適しています。

■電気メスのメリット

・直径6mm位までは1回で切除できる。
・治療時間が10~30分と比較的短い。(大きさや個数によって異なります)
・傷口はほとんど目立たない。(個人差があります)

■電気メスのデメリット

・大きなほくろを除去しようとすると、陥没する場合が多くなる。
・焦げ目ができ、底の辺りが黒くなりがち。

ほくろ除去専用のもぐさを推奨している当サイトですが、ほくろの状態によっては電気メス法が適している場合もありますので、クリニックや美容整形外科などでご相談の上で、ご判断ください。